与えられた水は表面にたまらずスッと抜けるが、すぐには乾かず、しばらくは水分を保持してくれること。

乾いた状態でもカチカチに固まることがなく、植物をしっかり安定させること。

強い酸性、アルカリ性に偏ることなく、また、病気や害虫、雑草の種などが混入していないこと。

栄養腐質と耐久性とが効率かkつ安定したカタチで含まれている園芸資材。鹿沼土、赤玉土、腐葉土。植物が生育してゆくのに必要なこれらの土は、炭素・水素・酸素など人為的に与えないと不足しがちな養分(窒素、リン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウム、硫黄及びに各種微量要素ケイ酸)などが、活性有機物と高温発酵を繰り返し、バランスよく配合され、土壌改良や地力の活性と、植物の育成に最良のパワーを発揮します。